当たり前理論

・「自分は成功して当たり前、女の子とロマンティック出来るのは当然だ」

と息を吸うように自然に思うこと。

・「俺は魅力的である、女から見て魅力的な存在なのだ」と無意識的(当たり前)に思えること。

・成功した・楽しい・うまくいったイメージ、記憶、言葉を積み上げていく。

「常に、何度も」そうして”最高の素晴らしい当たり前”をさらに「当たり前」としていく。「当たり前」の現実は当たり前にやってくる。

 

□ネガティブな記憶は捨て、ポジティブな記憶を残す。

・自分の記憶から、都合の悪い記憶は捨てるイメージ。

好ましいイメージばかりを記憶に残す。

自分に不要な失敗や惨めなイメージ。好ましくない女性や言葉などの記憶は捨て去る。

自分のお気に入りの記憶だけを残すように意識する。それを何度も考えたり思い出す。

 

・嫌なこと、痛みは忘れる。考えないようにする、そういうことを考える暇があるなら、金や健康、魅力につながることに気持ちとエネルギーと行動を向ける。

・金や健康、魅力につながることで結果を出し、「俺は魅力的なのだ」と自信を深める。

□愛を与える。

欲するのでは無く、与える。与えればかえってくる。

ナンパにおける愛とは?

あらゆる行動は、愛が細分化されたものと考えるべき

例)こちらが拒否されるリスクを負って声をかけてあげること。

褒めてあげること。

連れ出すこと。

食事すること。

エッチすること。