1:雑談力が高まった。(700~)

バンゲや連れ出しがうまく行っているケースを振り返ると
雑談がうまく行っている、良い雰囲気で出来ている場合に
成功率が高いと言うことに気づきました。

逆に、連れ出せてもうまく行ってない場合というのは、
こちらのトークで強引に持っていったような場合です。

例としては、

・わかくて、何を考えているかわからない系。(頭の悪そうなタイプ)
・片言の外国人
・ブスやデブ。

切り返しとかしながら、連れ出したことは何回かありますが、
当然のことながら、楽しくありません。

また、楽しくないとトークが苦しくなってきます。
コミュニケーションが十分取れない為、こちらが強引に進めたり
と言うような展開で半ば強引に進めるわけですが、

楽しくありませんし、振り返っても良い思い出が少ないです。

なので、結果的に会話が楽しめての連れ出しがベスト
だという気付きです。

2:無視系に対する見切りが早くなった。(600~)
以前は、無視系の人にも粘っていましたが、空気感
で切り上げると言うことを身につけました。

というのも、うまく行ったときの女性の反応と悪かった
場合の反応の累計が蓄積されたから、その予想に基づく行動が
取れるようになったと言うことだと思います。

★うまく行った時の女性のパターン。
・笑顔になる。
・興味深そうに立ち止まる。
・声のトーンに笑いの含みを持っている。
・急に足取りが速くならない。

★悪いパターン。
・急に無表情になる。
・断りの言葉を連呼する。
・キレ気味の口調になる。
・舌打ちをする。
・チンピラ風になる。
・急に足が速くなる。
・雰囲気がこわばる。

そして、補足すると、いかにももてないタイプの女性が多いです。
具体的には、

・顔が悪い。
・服装がダサイ。
・頭が悪い。
・暗そう。
・負のオーラをまとっている。

なので、そういう人から無視や拒絶されても余り気にならなくなりました。
そもそもこちらから論外を言い渡した方が良いというスタンスになりました。

3:女性の言葉に敏感ではなくなった。(600~)

連れ出しナンパの段階では、空気を読みすぎたり、相手の言葉の裏を
取ると言う必要性が全く無いということに気づきました。

なぜなら、根本的にこちらの都合でナンパをしているからです。
逆に言えば、それくらいのスタンスの方が連れ出せたり出来ている
印象を持ちます。

主観ですが、
男性は、美しい女性をピラミッドのてっぺんとして、
その女性に対して奴隷みたいにかしずくような、
そういうシステムを恋愛の中に組み込んでいる人が多いと思いますが、

実はそんなことはなく、自分をピラミッドのてっぺんとして、
考えるような姿勢の重要性の意味を何となく感じられています。

少なくともナンパでは大切だと思っています。

まだ完璧に落とし込んでいませんが、
その意味が最近は何となく理解しかけている気がします。

4:ナンパに楽しさを感じられるようになった。(700)

最近は、会話が楽しめる余裕が徐々に生まれてきて、
義務感ややらされている感だけではなく、

「今日はどんな女の子とあえるんだろう?」
という期待感を少しもてるようになりました。

銀座・池袋・渋谷・新宿といろいろな場所でナンパをして、
「場所による地蔵化」は以前よりしなくなったように思います。

5:フロントアプローチが出来る様になった。(600~)

のっているときは、フロントアプローチが出来る様になった。
反射神経とセルフイメージが高いと後ろからよりかなり反応がとれます。