こんにちは、滝井です。
私がナンパを始めたきっかけをかきたいと思います。

それは、2年前にさかのぼります。

今まで、私は、派遣社員、サラリーマ★ンとして、
様々な職場を転々とし、毎日毎日、安い月給で、
奴隷に様に働かされていました。

リーマン

ですが、32歳になったある日、4日間旅行に行きました。

くたくたになった心と体を休めたかったのです。

旅行先で、もう一人の自分の声を聴きました。

あくま

「おい滝井!お前、このままだと一生素人どーてーのままだぞ。
風俗通いしてたら、一生、夜、夢に出ているような20代の女の子と・・・
なんて、夢のまた夢だ。」

「っていうか、彼女すら出来やしないぞそれでもいいのか?
お前このままじゃやべーぞ

 

という声です。その声に従い、

どうにかして、女の子と接点を持つ方法がないか調べました。
そうしたら、「ナンパ」という単語が目の前に飛び込んできたのでした・・・